42歳 私がコレステロール値を上げないために取り組んだコト

まず、食事です。

DHAやEPAを多く含む青魚を取るように心がけています。

コレステロールが高いと言われてからは、たらこ、いくら、筋子、シシャモといった魚卵を控え、肉の脂身も避けるようにしています。

鶏卵は、最近では大丈夫といわれるようになりましたが、多くはとらないように気をつけています。

ケーキやお菓子類ですが、良くないので控えたいとは思っているのですが、どうしても食べてしまいます。

次に運動です。

なるべく歩くことを心がけています。

エレベーター、エスカレーターを使わず、階段を使用するようにしています。

本当ならもっと運動をしなくてはと考えます。

コレステロールが高いといわれたのは、30代後半でした。

自分ではまだ若いつもりでしたので、衝撃を受けました。

しかし、女性はどうしても更年期を迎えるあたりからコレステロールが高くなりがちですし、仕方がないのかなと思う部分もあります。

とはいえ自分の体ですので、何とか、食事と運動で下げたいと思っています。

コレステロールが高いというと、太っている人がそうなりやすいと思われがちですが、決してそうではありません。

痩せていてもコレステロールは高くなります。

ですから自分は痩せているからと安心せず、毎年健康診断を受けるなど、健康に気を配ることが、高コレステロールに気づく第一歩だと思います。

私の母も痩せていて小柄ですが、やはりコレステロールが高いです。

60代です。

肉も魚卵も好きではなく、適度に体を動かしているにもかかわらずです。

コレステロールを下げるために、鶏卵を控えようとしていましたが、そうすると大事なタンパク質などの栄養素も取れなくなってしまうので、高齢の人は難しいです。

食事が偏ることなくコレステロールを下げるということは、一生考えなくてはならないことだと思います。

サンスターの「緑でラサナ」は、野菜の力でコレステロールを下げようというものです。

コレステロールが高いと言われると、卵類、肉類を控えようと思うのですが、野菜に関してはもう足りていると思うのか、そんなに気にしません。

しかし、日本人の野菜の摂取量はまだまだ足りません。

もっと食べなくてはなりませんが、サラダなどの生野菜ばかり、そんなにたくさん食べられません。

茹でたり、煮物にしたりと工夫しますが1日の摂取目安量にはなかなか届かないものです。

「野菜を飲む」という発想は私にはありませんでした。

そう言えば若い時外食ばかり続いた頃、飲み物は甘いジュースをやめて野菜ジュースを選んで飲んだ覚えがあります。

あの感覚を思い出しました。

足りない野菜は飲んで補えばいいのです。さらに「緑でラサナ」は、添加物が入っていません。

私はどんな食べ物でもパッケージの裏を見る派です。添加物は必ずチェックします。

ですので安心して飲めます。
ぜひ飲んでみたいと思いますし、母にも買ってあげたいです。

下げる野菜

気をつけないといけないこともある

コエンザイムQ10はもともと人間の体内にある成分ですから、摂取することによって副作用があったりするというものではありません。
でもサプリメントとして摂る場合、「摂りすぎてしまう」ということがあったりするかもしれません。

サプリメントはコエンザイムQ10だけではなくて、サプリメントとして加工するために添加物を使っていることもあります。
コエンザイムのサプリメントを使用するときにはコエンザイムの含有量とか効果にばかり注目がいって、添加物のことはあまり考えないのではないでしょうか。

決められた用量を守らないで、「早く効果を出したいから」と勝手に大量に飲むようにしたりすると、コエンザイムよりも添加物の過剰摂取による影響があるかもしれません。

サプリメントを利用する場合は、定められた用法・用量をきちんと守るようにしましょう。
薬じゃないんだから、という言い訳はやっぱり通用しないものです。

健康の目的で利用しているものが原因で体調を崩してはもったいないことだと思います。

コエンザイムQ10を摂る場合に気をつけたいのは「一緒に摂らないほうがいい成分がある」ということです。
唐辛子に含まれるカプサイシンは脂肪の燃焼効果や血行促進などでダイエット系サプリメントに使われていることが多いものです。

ところがコエンザイムもまた「燃焼系」の素材としての効果があります。
この二つを一緒にとると、お互いの効果を打ち消しあってしまうというのです。

美肌のためにコエンザイムのサプリメントを、ダイエットとのためにカプサイシンを含むサプリメントを利用するということもあるでしょう。
でも気をつけないと、せっかくの効果がまったく意味の無いことになってしまいます。

唐辛子を多く使った料理も人気ですが、こちらも気をつけないといけないことは言うまでもありません。
まあ、たまに楽しむくらいならそれほど神経質になることもないのではないかと思います。
激辛料理を毎日食べる、となるとコエンザイムのことよりも胃が悪くなってしまうのではないかというほうが心配になりますね。
カネカ コエンザイムQ10

牡蠣のデメリット部分を補う牡蠣サプリ

牡蠣は海のミルクと評されるだけあり、とても栄養豊富な海産物だと思います。
ただ毎日食べるには少々クセのあるものですし、健康の為に日常的に摂取するのは難しいとも感じます。

私は独身の中年男性なので、慢性的に亜鉛不足に悩んでいます。

精液を作る為に亜鉛が消費されるからです。

問題はこの亜鉛、不足すると薄毛や白髪、味覚障害に精力減退まで引き起こしてしまうんです。

そこで亜鉛を豊富に含む食べ物を食べたいと私としては、亜鉛を多く含む牡蠣に注目しました。

亜鉛含有量に関しは他の食べ物よりダントツに多いんです。

実際秋にになるとよく牡蠣を食べるんですが、牡蠣を食べた夜や翌日には精力改善効果がものすごく出ます。

私が主に気にしてるのは亜鉛だけですが、鉄分も豊富なのは見逃せません。

私は男性なので不足しがちなのは亜鉛ですが、女性は生理による出血で鉄分不足に陥りますからね。女性がよく貧血になってのはその為です。

つまり男性である私だけでなく、女性の貧血対策にも牡蠣は効果的なんですよね。

他にも牡蠣に含まれるタウリンは肝臓の働きをよくします。

お酒を飲むと肝臓への負担は大きくなりますし、牡蠣はお酒を飲む機会の多い年末に是非食べたい食べ物だと思います。

海乳EXは牡蠣の栄養素をギュっと纏めたサプリで、とても体によさそうに感じます。

私は牡蠣に、精力減退や薄毛・白髪改善効果があると思ってます。

でも毎日牡蠣を食べるのってとても大変なんですよね。

牡蠣が超大好きな人なら飽きないのかもしれませんが、私はそこそこ程度なので毎日食べると結構飽きてきます。

なんだかんだと牡蠣ってクセのある食べ物ですからね。

あと、牡蠣は食べ過ぎると下痢の心配とかもあるんですよね。

その点、海乳EXは、牡蠣のこういったデメリット部分を考えなくてもいいんです。

サプリを服用するだけなので、味に飽きたり食べるのが面倒だということはないですし、毎日の摂取は簡単に出来ます。

それに牡蠣の栄養素だけを取り出してるので、牡蠣を食べた時の食あたりや下痢の心配もせずに摂取出来るんです。

しかも値段はそんなに高くなく、一ヶ月分2000円程度です。

これならお財布へのダメージは少ないですし、経済的にも現実的なんですよね。

特に私のような40代って今までどおりに体が動かない、疲れを感じることも多くなる世代ですから、一度試してみたいなと強く思います。

健康でいつまでも自分の足でやっぱり歩きたいと思うもの

我が家は車を持っていないし、これからも持つ予定はないので、公共の交通機関か自分の足だけが移動の手段となります。

なので、いくつになっても健康で自分の足で歩いて暮らしいていきたいと考えています。

夫婦ともに散歩やハイキングが趣味なのですが、自分の足で歩いていると、道端の草花や樹木など車生活をしていた頃には気づかなかった自然の美しさに気づかされます。

先日は、いつもの散歩道を歩いていて金木犀の香りを嗅ぎ、秋の訪れを感じました。

まだ足腰の衰えを感じることはありませんが、登山などいつもよりハードな動きをすると、以前に比べて少し疲れを感じるようになりました。

体力アップのために今年の夏から久しぶりにスポーツジムに通い始めたのですが、利用者の平均年齢が昔よりもたいへん高くなっていて驚きました。

私が通っているところは、利用者の半数以上が60歳以上の方たちです。

みなさん足腰を鍛えているので若々しく、生き生きしていて素敵だと感じています。

先日、60代の母と電話で話していて、最近自宅の中でつまづいて転んでしまったということを聞きました。

母は普段から健康には人一倍気を配っていて、ウォーキングをしたり、栄養面も問題ないはずなのにたいへんショックで驚きました。やはりいくら元気でも、歳をとるとどうしても筋肉が衰えてしまうのだということを実感させられました。

なので、この「ロコモア」は母にぜひおすすめしたいと思います。

力強い歩みに必要な筋肉成分のイミダゾールペプチドと、スムーズな歩みに必要な軟骨成分のプロデオグリカンが配合されていて、歩行のサポートに効き目がありそうです。

日頃からサプリメントを飲む習慣がない母には馴染みがないかもしれませんが、私は食事だけでは補いきれない栄養素はサプリで摂るというのはとても効果的だと思います。

母にはこれからも生き生きと趣味の旅行や演奏会に出かけてほしいので、このサプリをプレゼントして効果を実感してみてほしいと思います。

特に生理前は疲れが溜まりやすく、いくら睡眠をとっても翌日も疲れが残りやすい

最近特に若い頃に比べて疲れやすく、その疲れもなかなか取れにくくなってきているのを実感しています。

身体の疲れを取るために以前から意識して実行していたのは、お気に入りの入浴剤を入れてゆっくりお風呂に浸かったり、朝起きたときと夜寝る前に軽いストレッチをして血行をよくしたりというようなことです。

またそれ以外でもリラックス系のアロマを炊いたり、お気に入りの音楽を聴いたりするのも疲れを取るのに役立っていたと思います。

それでも30歳を過ぎてから特に生理前は疲れの溜まり方が酷く、朝ベッドから起き上がれない日が出ることもありました。

そんな時に友人から「疲れに効くドリンクを試してみたら?」とアドバイスをもらい、試してみることにしました。

栄養補助的なドリンクなら今までもいくつか試したことがありましたが、飲むだけで身体の疲れが取れるドリンクはその時初めて聞いたので、どんなものなのだろうと興味を持ちました。

実際に飲んでみるととても効果があり、以前のように疲れが溜まることもなくなりました。

疲れが取れにくくて悩んでいる私に、友人が勧めてくれたのがきっかけでイミダペプチドドリンクを知りました。

その時すでに定期購入していた友人が一本試させてくれたのですが、飲んだ翌日はまず朝の目覚めがそれまでと全く違いました。

その日は身体がとても軽くなったような感じでスッキリ起きられたのです。

そしてその日はそれが一日中持続しているような感じがしました。

普段は階段の上り下りだけで息切れしていたのが自分でも信じられないくらい颯爽と登れたり、夕方になると疲れのピークが原因でイライラしがちだったのが、不思議地と穏やかな気持ちで過ごせていました。

正直イミダペプチドドリンクの効果にすごく驚きました。

そして自分のためだけではなく家族のためにもこれを飲んで元気な身体でいたいと思い、定期購入に踏み切りました。

最近はヨーグルト味にはまっていて、ジュース感覚で美味しく飲めるので気に入っています。

疲れが取れにくくてお悩みの方には特にお勧めです!

イミダペプチドを見る

今までの経験では、ダイエットサプリでは結果が出なかった

ウォーキングダイエットは良く行います。

速足でウォーキングすることでしっかり汗をかいてカロリーを消費します。

これを毎朝やることで痩せています。

ダイエットは朝がオススメです。

ダイエットサプリは今までも使ったことはあるのですが、残念ながら当たりに出会ったことがありません。

1~2個くらいしか使ったことがないので仕方ないかもしれませんが、あまり効き目は感じないですね。

今まで使用したダイエットサプリは残念なことにあまりダイエット効果がありませんでした。

使い方も問題なのかもしれないけど、なかなか効果を発揮してくれなくてガッカリです。

ダイエットサプリはダイエット商品のように味への期待はできないし、お腹に溜まらないのでダイエットは本当にできるんだろうかと謎です。

ただもし当たりのダイエットサプリに当たったらどれほどの効果が出るのだろうと期待はしています。

私にとってのダイエットサプリというのは効くのか効かないのかまだまだ未知数の商品と言うイメージです。

一度効き目があるダイエットサプリは試してみたいなと思っています。

ただダイエットサプリと言っても飲んでるだけではおそらく効果は出ないでしょう。一緒に何か運動などをする必要があると思います。

そうやってダイエットサプリだけに頼らずにダイエットを続けたらいつか効果が出るものに出会えるかもしれないと思っています。

大人のカロリミットは、売上が4800万個突破と知って、すごいなと素直に思います。

だってそれほど売れるものってそうそうないと思うのです。

それと同時に世の人々がどれほどダイエットをしたいと望んでいるのかが分かりました。

私は40代50代の年齢層の人に求められる商品こそ本物だと思っています。

目の肥えた人々が求めるものは信頼できます。

ファンケルの大人のカロリミットは40代50代の女性に人気NO1と聞いて益々欲しくなりました。

こんな年代の人に気に入られている商品なら効果が高いと思います。

それから大人のカロリミットの値段にもそそられますね。

初回限定とはいえ、たった1000円で4週間分の商品がお試しできるのは嬉しいです。

これならちょっと試してみることもできるし、それでダイエット効果があったら儲けものだと思います。

もし期待していたダイエット効果が出なくても許せるくらいにお得なお値段です。

この商品は本当に魅力がいっぱいだなとつくづく思いました。